トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バイバイ、キーノ
Category: 獲得・放出  
Keane-3.jpg

クラブ公式サイトにてロビー・キーンのMLS、LAギャラクシーへの移籍が正式に発表された。
2002年にスパーズに加入して以降、主力として活躍し、2008年夏にリバプール移籍。半年後の2009年2月に復帰を果たすと降格圏に沈むチームを主将として熱いプレーで牽引し、どん底からの立て直しに貢献してくれた。
ここ2年間は自身の不調とチーム方針の変化から出場機会が激減。セルティック、ウエストハムと立て続けにローン移籍。今季も構想から外れたため、新天地としてアメリカに戦いの場を求めることになった。

覚悟はしていました。いつかはこの日が来るだろうと。そして、「その時」がほぼ確実にこの夏だということを。
だからショックはありません。何と表現してよいやら複雑な気持ちだけど、それでもリバプール移籍の時に感じた心の底を深く、深くえぐられるような悲しみがなかったのは、心の準備が出来ていたからかもしれない。
チームの主将として、絶対的なエースとして数々のゴールを挙げてきた稀代の点取り屋。そんな彼の持つ本来の輝きはリバプールでの失意の半年で失われてしまったように思う。それでも、何とか自信を、いや自身を取り戻そうと、もがき続ける姿を見て、正直どこか辛かった…というのが僕の偽らざる気持ちです。

keane11.jpg keane14.jpg keane9.jpg keane13.jpg keane12.jpg keane10.jpg

僕にとってキーノはスパーズと自分を繋いでくれた選手。彼を好きになり、後を追うようにスパーズファンになり、今ではかけがえのない心のクラブになった。いくら感謝しても足りない。そんな想いです。本気で完全復活を望んでいた。そして、彼なら必ずかつての輝きを取り戻してくれると頑なに信じていた。だからこそ、残念でならない。こんなはずじゃない、もっとやれるはずなのに…そんな歯がゆい気持ちを抱いたまま別れを迎えることに。

keane5.jpg keane3.jpg keane2.jpg keane1.jpg keane4.jpg keane6.jpg

ここ数年でスパーズファンになりました!ってな人はきっと本当のロビー・キーンを知らない。もう終わった選手でしょ?、早く売れよ!、キーン(笑)…。僕自身、そんな罵声や軽い扱いを目にする度に心底腹が立った。でも、一方ではそう思われても仕方ないぐらいのプレーしか出来ていないよな…と、客観的に受け入れてる自分がいた。それが何より悲しいし、キーンのかつての輝きを知らない人にもう一度本当の彼を示して欲しかった。

スパーズに在籍した通算8年半、彼が積み上げたゴールは実に122。クラブ歴代9位の素晴らしい記録だ。
決して抜群のテクニックがあるような巧い選手では無かった。飛び抜けた身体能力があるわけでもない。
それでも、果敢にバックラインの裏を狙い続け、泥臭くボールに喰らいつき、ここぞという大事な場面で試合を決めてきたのはいつも彼だった。誰よりも熱いハートで駆け回り、常に100%を尽くす、魂のこもった選手だった。
スパーズでのキャリアは終わったけど、アメリカでは伸び伸びと楽しんでプレーして欲しいな…と思う。
今まで多くのゴールをありがとう。熱いプレーの数々でスパーズを好きにさせてくれて、本当にありがとう。
ぶつぶつと独り言をつぶやく仕草も、へんてこりんな前転からのマシンガンも、僕は絶対に忘れないよ。

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。