トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現状分析レポート(6)FW
Category: 企画  
前回に引き続いて、トッテナムの戦力を分析する企画をお届け。最終回はストライカー編を。

FW:全く読めないレギュラー争い

現在のトッテナムにおいては確固たるレギュラーと言えるFWはいない。誰もが甲乙つけ難く、抜きん出た選手がいないのだ。実績で言えばキーン、デフォーは別格だ。しかし、前者は近年不調で放出候補、後者は昨季絶不調で一級戦犯扱いまでされる始末。他の選手も一長一短。昨季2トップから1トップへと基本システムが移行したことも、絶対的エース不在の混乱状況に拍車をかけた。現段階では誰がエースの座を射止めるのか予測不能だ。
恐らくは今季もメインは1トップとオプションの2トップの併用だと思うので、2パターンで考えてみたい。

Defoe.jpg Pavlyuchenko.jpg Van Der Vaart
現在のFW:キーン、デフォー、パブリュチェンコ、クラウチドスサントス、VDV
:本職FW、:トップ下

今回の分析をするに当たって本来はMFに分類するに相応しいであろうラフィーとドスサントスを便宜上FWに含めた。それは1トップがメインシステムとなった昨季、一番用いられた布陣が4-4-1-1であり、(あくまで机上ではあるが)ラフィーは1トップ下でほぼ固定されていたので、FWとして考えるのが妥当だろうという理由から。
純然たるFWでは無いが、極めてFWに近い役割を求められている事を踏まえて話を進めるとご理解頂きたい。

管理人ゆーやの見解

1トップの場合
ハリー爺は恐らくは昨季の継続路線で1トップをメインで行くんじゃないかと思う。しかし、当ブログでも再三に渡って述べてきており、改めて繰り返すのもいい加減しつこいかとは思うんだけど(苦笑)僕は1トップの採用には否定的だ。いや、もっと強い口調で言うならば即刻止めてくれ!と。昨季1年間(それ以前に試みたのも含めて)1トップが機能して、素晴らしい出来だったと思える試合が片手で数える程しかない。何より、(多分に好みも含まれているが)観ていて面白くない。何故面白いと感じないのか?比較対象となる2トップに比べて明らかに上手く行ってるように見えないからストレスが溜まるんだと思う。端的に言えば、スパーズらしくない。
何をもって「らしい」のかは人それぞれだろうけど、これは感覚的なもので上手く説明出来ないんだよね(笑)

で、何故上手く行かないのか。理由は単純明快でひとえに1トップの役割を高い水準でこなせるFWが不在ということ。これに尽きる。長らくスパーズは2トップでやってきて、2トップで戦う事を想定して集められた選手達なので無理も無い。小兵のキーンやデフォーはもちろんのこと、上背のあるクラウチやパブリュチェンコも前線で一人で張ってDFと対峙しながらボールを収める事も、独力で局面を打開することも決して得意では無いタイプだ。

クラウチじゃ難しいがデフォーやパブなら工夫の余地はなくもない。長くなりそうなので今回は割愛するけど。
手っ取り早い解決法は補強しかないと思う。1トップに適正のあるFWの獲得。出来れば9番(長身で空中戦に強く、中央でどっしり構えポストプレーが巧い)タイプ。それが実現するだけでだいぶ変わると思うんだ。
補強で全てが解決するとは限らないけど、少なくとも現有戦力で試行錯誤するよりかは遥かに期待できるよ。
仮にFW補強が失敗した場合は、デフォーの1トップが濃厚か。裏に走らせる事で活路を見出したいところだ。
ラフィーとの連携も深まっただろうし、昨季、1トップで試行錯誤した経験が今季に活かされると信じたい。

2トップの場合
勝手知ったる戦い方なので概ね問題は無いと思う。よく現有戦力のFWの力不足や補強の必要性を叫ぶ声を聞くけど、スパーズのFWは4人とも2トップで1シーズン固定してやらせれば、昨季のような有り様にはならないはずだよ。デフォーだって昨季は不調だったけど、(チーム自体が)成熟していない1トップでのプレーを強いられただけで、本来はイングランドでは屈指の点取り屋だからね。要は生かすも殺すも起用法次第ってこと。
出来れば補強はして欲しいけれど、2トップで行くってんなら最悪FWの補強ゼロでも何とかなるよ、きっと。
組み合わせはデフォーが軸でパブかクラウチとのコンビで、パブ&クラウチのツインタワーをオプションに。

単純に前線に2枚置く方がスパーズには合ってると思う。これはFWに限らず全体的に。元々緻密な戦術をこなせるような選手が少ないし、監督が戦術家じゃないんだから(笑)僕は戦術やシステム論に精通しているわけじゃないからあくまで感覚的だし、ザックリとした表現しか出来ないけど、ワーワーやった方が観ていても面白いのよ。で、案外そういうのやってる方が内容も結果も良かったりする。それには前線に2人がベター。一人で何とか出来るドログバみたいなのいるなら話は別だけど、そうじゃないなら前線に選択肢増やすのが得策だと思う。

1トップに比べれば単調かもしれない。いかにも古臭くてモダンな戦い方ではないんだろう。でも、それでいいじゃない。世界のスタンダードが今や1トップだからってそれに合わせる事はないんじゃないかな?スパーズはスパーズらしくイングランドスタイルの4-4-2で勝負すればいいじゃない。まあ、そうなるとラフィーはいらね~ってなっちゃうけど(笑)試合状況によって1トップの時はラフィー主体のパターンで使い分けすればいい。…って、結局は今も1トップと2トップを併用してるんだけどさ(笑)要は逆じゃないですか?と言いたいわけですよ。
2トップこそ、基本布陣にするべきじゃないですか…と。今季は出来れば4-4-2を軸でお願いしたい。

レギュラー:新戦力(未定)、ファン・デル・ファールト
バックアッパー:デフォー、クラウチ or パブリュチェンコ
放出候補:キーン、ドスサントス、クラウチ or パブリュチェンコ

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。