トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現状分析レポート(5)SMF
Category: 企画  
ポジション別にトッテナムの戦力を分析する企画。今回はサイド攻撃の鍵を握るワイド・ウイング編を。

SMF:プランBの必要性

スピードある両翼からのサイド攻撃はトッテナムの大きな武器だ。当然の事ながら、両翼がどれだけ働けるか?チームとして最大限に活かすことが出来るか?が今季の行方を左右する非常に重要な鍵となってくる。
それと同時に、考えけなければならいのが『プランBの確立』だ。レノンベイルのどちらか(或いは両方)が欠けた場合、著しく攻撃が停滞してしまうのは問題だ。新たなパターンの構築が早急に求められる。

Bale.jpg Lennon.jpg Kranjcar.jpg
現在のSMF:レノン、ベイル、ベントリー、クラニチャル、ピーナールローズ、VDV
:本職SMF、:SB或いはトップ下起用が多いがSMFもこなせる選手

現在のSMFの内訳は本職SMFが5名、こなせる選手2名の計7名。両翼共に実力者を複数揃えてほぼ磐石の陣容で、ベントリー、クラニチャルの両名は依然として去就が微妙ではあるが、よほどのアクシデント(負傷者続出等)が無い限りはシーズンを乗りきるのは可能で、早急な補強の必要性もあまり感じないポジションだ。
ただ、前述した通りレノンとベイルへの依存度が高く、彼らに続くサブ組との差がやや気になる。両名共に突破に優れたウイングタイプで、彼らと同じタイプが他にいない(ローズが近いが)ので、彼らが抜けた時にでもサイド攻撃のクオリティーを著しく下げないように、チームとして戦術を今一度練りなおす必要性はありそうだ。
ウイングタイプ(スピードを生かしてドリブル突破):レノン、ベイル、ローズ
クロッサータイプ(主に精度が高いクロスでチャンスメーク):ベントリー
万能タイプ(サイドに拘らず流動的に動き、周囲との連携で打開):ピーナール、クラニチャル、VDV

管理人ゆーやの見解
個人的には両翼に同じウイングタイプを置く布陣はあまり好みでは無い。両翼からガンガン仕掛けるのも魅力的であるのだが、結局はどちらかのサイドに偏る事が多く、どちらかが消えるパターンが散見されるからだ。
両サイドがワイドに張って共に高い位置を取ると、守備に不安が出てくる。バランスを考えても好ましくはない。
個人的にベストだと思ってるのが一昨季の陣形。序盤戦では右はレノンが突破、左はニコが中央と連携という形がとてもバランスが良く攻守に安定感があった。終盤戦では右にベントリーでクロスでチャンスメーク、左にはベイルでガンガン突破。同様にバランスが良かった。理想をいえば、両翼に異なるタイプを配置して欲しいところ。
だが、現状ではレノンとベイルどちらも必要で外すには惜しいし、敢えて外すのも現実的じゃない。悩ましい。

ファーストチョイスが彼ら二人なのは今季も鉄板だとして、仮にいずれかが欠けた場合、ハリー爺がどう考えるのかが非常に興味深い。本来ならばベントリーが穴を埋められるはずなんだけど、もはや戦力構想に入ってるかが疑わしく放出が既定路線。となると、ニコ、ピーナール、VDVのうちで誰を起用するか。それぞれに一長一短で難しい判断になるが、ピーナールを上手く使いこなせるかが鍵になってくると思っている。昨季はあまり出番が無かったが、両サイドでどちらも遜色無く働けて、周囲と連携を図れる彼の資質を最大限に活かさない手は無い。
一昨季のニコのようにサイドでも中でも起点となれて、機を見てエリアにも入っていける選手がサイドにいればぐっと戦術の幅が広がるはず。裏を返せばレノン&ベイルがサイドをスピードでぶっちぎる以外の引き出しをもっと持たなければならない。彼らがそれを身につけた時、それこそ世界レベルの選手になるんじゃないかな。

あと、個人的にはニコにも大いに期待したい。彼もまたピーナール同様にベンチにくすぶってる場合ではない選手。ベイルの台頭で出番が減っちゃってるのが惜しい。放出の可能性も高いんだけど、出来れば残して置きたい人材ではあるよね。ただ、今のままでは厳しいとも思う。まず運動量が圧倒的に足りない。守備意識も。また、左でしか使う場所が無いのも彼の起用を難しくさせてる。トップ下、或いは右サイドやこの間のPSMで試されたCMF、スパーズ加入後はほとんど試されていないそれらのポジションでも結果が出せれば自ずと出場機会は増えるはず。

一方でVDVのサイド起用は賛成しない。そもそも彼はサイドに向いていないと思う。いや、向いていないというかサイドでの役割を与えるよりも、それこそフリーダムにやらせてナンボの選手っていう気がするんだよね。
そもそも彼がサイドでスタートしてもボールサイドに寄ってくるし、中央でのプレーを好むのでほとんどサイドにいない(笑)となると、必然的にサイドに穴が出来る。穴が出来るということは、その穴を誰かが埋めないといけないわけで、他の選手に負担が増す。ピーナールやモドリッチと彼とで決定的にに違うのが、ポジショニングでの意識の差。こと攻撃においては相手の嫌がる場所に常に身を置き、その嗅覚も素晴らしいが、守備となると味方のスペースを埋めようという意識が低い。で、実際にそのスペースを埋める運動量も、守備も期待できない。
自由にやらせてる彼に制約を与えられればまた違ってくるかもしれないが、それなら彼じゃなくても…となる。
それならば思い切って彼はトップ下限定起用、4-4-2で行くなら彼を外す!という英断も必要だと思う。

レギュラー:レノン、ベイル
バックアッパー:ピーナール、ローズ
緊急時のスクランブル:ファン・デル・ファールト
放出候補:ベントリー、クラニチャル

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。