トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs Athletic Club Bilbao (PSM)
Category: PSM  
Friendly match
White hart lane

tottenham.jpg Tottenham Hotspur   2
Bilbao.jpg Athletic Club Bilbao  1
得点
Spurs:Crouch,Defoe
Bilbao:San Jose

STARTING XI - Gomes; Corluka, Bassong, Dawson, Assou-Ekotto; Lennon, Huddlestone, Jenas, Pienaar; Kranjcar; Pavlyuchenko.
SUBS - Friedel, Kaboul, Walker, Bale, Livermore, Modric, Crouch, Defoe.

トッテナムにとって今夏最後のプレシーズン・マッチとなったアスレティック・ビルバオとの試合は2-1で逆転勝利。1週間後に迫ったプレミアリーグ開幕戦に向けて弾みがつく結果になったね。前半の出来を見てどうなることかと思ったけど(苦笑)メンバーとシステムを変更した後半はまるで別のチームかのように蘇った。

前半はアンカーにハドルストンを据え、ピーナールとジーナスとで3センターを形成した。4-3-3っぽい形。これが見事なまでに機能せず。ハドが怪我から復帰したのは朗報だけど、まだコンディションは整っていないのか精彩を欠き、ジーナスも低調だったのが原因かな。ピーナールが負傷(鼠径部)して、モドリッチが移籍騒動後初めてのWHLに登場。大歓声と激励のチャントに少々のブーイングが混じったやや複雑な反応だったけど、概ね温かい反応。なんだかんだ言っても、やっぱりみんなモドリッチが好きなんだな…と。モドリッチはどう感じたのかな?
移籍希望公言した選手に、こんな温かい歓迎なんて珍しいよ。意気に感じてくれたら嬉しいんだけどな。

Psm13.jpg Psm14.jpg

で、前半は完全にビルバオのペース。流石に強いね。この時期にこういう強いところとやって開幕に向けて最後の調整を出来たのは有意義だったと思う。あまり有効な形を作らせてもらえぬまま、あっさりと失点して終了。
後半からメンバー入れ替えてシステムも4-4-2に。これでガラリと変わった。ニコ&ルカの両センターってのもレアだし(もう二度とお目にかかれないかもよ…笑)、両翼もガンガン仕掛けて、SBのウォーカーも重戦車の如く突進して…でやりたい放題。超攻撃的布陣で怒涛の5分間2得点の逆転劇。スパーズらしい面白い展開だった。

以下、興味深かった点や少し気になった点などを幾つかピックアップ。
・やっぱり4-4-2は面白いし、スパーズには合ってる。ラフィー復帰しても1トップに戻すのは嫌だわ!
・今日は前半はゴメス、後半はフリーデル。さ~て1週間後の開幕戦はどちらでしょうか
・ニコが調子良さそうで表情も明るかった。放出話も最近はご無沙汰だし、これは残留かな
・ここ数シーズン続いてるPKキッカー負の連鎖にニコも飲み込まれる(笑)求む!PKキッカー!
・PKを奪取したのはレノン。突破は鋭く見事だったけど、最後は足かかってなかったぞ!悪い奴め(笑)
・ウォーカーは及第点。ダイナミックな攻撃参加は迫力あるね。M・リチャーズを超える日も近いな
・レノンのクロスからニアにデフォーは一昨季の黄金パターンを彷彿とさせた。今季も多く見たい形

と、こんな感じで。いよいよ、土曜日に待ちに待ったプレミアリーグ開幕。また幸せな週末がやってくるね。
でも、現在北ロンドンでは暴動発生で状況がカオス。スパーズの開幕戦が延期される可能性も出てきてます。
なんとか無事に開催にこぎつけられるといいんだけど…。本当にWHLの近くだけに心配ではあります。

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。