トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現状分析レポート(4)CMF
Category: 企画  
前回に引き続いて、トッテナムの戦力を分析する企画をお届け。今回はチームの背骨であるセントラルMF編を。

CMF:未だ流動的で、刷新の可能性も?

モドリッチの去就が未だハッキリせず。恐らくは今夏の放出は無いと思うんだけど、移籍市場クローズギリギリで主力を手放した前例もあるのでまだ何が起こるか解らない。彼が残る・残らないの2パターンを考えてみたい。
加えてサンドロが開幕からおよそ2ヶ月の離脱、ハドルストンも負傷で復帰時期が未定で思わぬ長期離脱の可能性もあり、ジーナス、パラシオスは去就が微妙、と不確定要素が多数。今後の補強の動向次第で色んなパターンが考えられる。いずれにしろ未だ流動的な状況で、新戦力の獲得含めて刷新の可能性があるポジションだ。

Modric.jpg Huddlestone.jpg Palacios.jpg
現在のCMF:モドリッチ、ジーナス、ハドルストン、パラシオス、サンドロ、リバモアピーナール、VDV
:本職CMF、:サイド或いはトップ下起用が多いがCMFもこなせる選手

基本的には4-4-2或いは4-5-1(4-4-1-1)で戦うスパーズにとってCMFの枠は2つ。そこに本職のCMF6名、本職では無いものの起用出来る選手が2名の計8名いるので、単純な頭数としては足りてる(むしろやや余剰気味)。
だが、ポジションの特性上どうしても警告を受けやすいポジションである事、また同じCMFといっても攻撃的、或いは守備的にふるまえるタイプの違いなどもあるので、出来ればバリエーションを保ちたいのが本音だろう。
以下、かなりザックリとではあるがCMFをタイプ分けしたもの。自分はだいたいこんなイメージを持ってる。
司令塔タイプ(バランスを取りながら中盤の底からゲームメーク):モドリッチ、ピーナール、VDV?
Box-to-Boxタイプ(潰れ役と攻撃参加両方こなす):サンドロ、ジーナス、パラシオス、リバモア
長距離砲タイプ(中長距離のパスで局面打開を図り、隙あらばミドルシュート):ハドルストン、VDV?

管理人ゆーやの見解

モドリッチが残留するパターン
モドリッチが残留となれば2枚のうち1枚は彼の固定ということになるだろう。怪我も少なく、調子に波が無い。コンスタントに安定した結果を残せる稀有な存在で、中盤の底でのゲームメーク、パス&ゴーでの前線との絡みなど主に攻撃においての選択肢は格段に広がる。それでいて守備もサボらず、運動量豊富、戦術理解も高い…と良い所を挙げればキリが無い(笑)彼の放出を断固として拒むのも道理と言える。正にチームの心臓だ。

モドリッチとのコンビということを考えれば、彼が出来るだけゴールに近い位置で仕事が出来るようにサポート出来る(守備面での負担を軽減してあげられる)選手が望ましい。一番の適任はサンドロ。汚れ仕事も厭わない彼ならスペースのケアも守備面のカバーも問題は無いだろう。昨季後半からの充実ぶりは目覚しく、一気にファーストチョイスに躍り出た格好だ。次点として守備に多少の不安はあるものの、モドリッチには無い展開力と長距離砲を備えたハドルストンを。彼もまた外すには惜しい選手。彼ならではの「武器」を持つ優位性も見逃せない。

また、余剰戦力を整理する余裕が生まれる。若手のリバモアをローンに出さずに手元に置いてチャンスを与えることをハリー爺が示唆しているので、サンドロの台頭で存在感が薄れ、週給もそれなりに高いパラシオス、ジーナスが候補となるだろう。気になるのがサンドロとハドルストンの復帰時期。遅れるようであれば台所事情は苦しくなる。守備的にふるまえる選手の獲得(ラスが筆頭候補)が失敗に終われば放出ストップもあり得る。

モドリッチを放出するパターン
可能性は低いが最悪の事態を想定して別パターンも。中盤の底でゲームメークを担う彼が抜けるとダメージは計り知れないが、新たな代替選手を獲得せず、現有戦力だけで彼の穴を埋められなくもないと思う。
今まで試してはいないがピーナールのコンバートを推したい。エバートンでも経験があり、無難にこなしている。
元々賢い選手で、周囲の選手と連携して自ら動く、味方を動かす事が出来る選手。トップ下からラフィーを一列下げる選択肢もあるが、あまり賛成しない。まず守備に不安がある。彼はゴールに近い位置で仕事させたい。
ただ、現実的に考えればサンドロ&ハドルストンのコンビとなるはずだ。彼ら二人ならバランスも良さそう。

現有戦力でも駒がそれなりに揃っているが、モドリッチ放出となれば資金も沢山入ってくるだろうし、新戦力獲得に動く公算はより高くはなると思う。モドリッチと同じようにゲームメーク出来る司令塔タイプを補強するか、守備に特化した選手を獲得して、サンドロやハドルストン、ピーナールらと組ませるのも悪くない。
ジーナス、パラシオスらも放出となれば更に複数の選手の獲得が必要になり、一気に顔ぶれが変わる可能性も。
ただ、前述した通り今夏のモドリッチ放出はたぶん無いと思うので、大幅な刷新は1年後かな~という気もする。

レギュラー:モドリッチ、サンドロ
バックアッパー:ハドルストン、新戦力(ラス?パーカー?)、リバモア
緊急時のスクランブル:ピーナール、ファン・デル・ファールト
放出候補:ジーナス、パラシオス

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。