トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


週間移籍ゴシップ Vol.8
Category: 補強関連  
今週1週間のトッテナムの補強についての噂を取り上げる『週間移籍ゴシップ』。
移籍市場が開いている期間は様々な憶測が飛び交い、予測不能のドラマがてんこ盛り。嘘?ホント?それは誰にもわからない。試合の無いオフシーズン、それらの報道に一喜一憂しながら楽しむのもまたフットボールファンの楽しみの一つということで、スパーズ関連の報道を中心にアレコレと突っ込み入れていきたい。

Zigic.jpg  Afellay.jpg  lass.jpg

まずはニコラ・ジギッチ。クラウチを超える202cmの長身を誇るセルビア代表の大型ストライカー。所属するバーミンガムはチャンピオンシップへの降格、加えてクラブの財政面も苦しいことから主力の大半は放出必至とみられ、代理人が「マンCとトッテナムが興味を示している」と指名している。ただ、実際スパーズが獲得に動くかは微妙だな~と思う。クラウチとの2m超えコンビが誕生するとしたらネタ的には面白そうだけどね(笑)

お次はイブラヒム・アフェライ。バルセロナに所属するオランダ代表MFでウイング、ボランチなど幅広いポジションをこなせるユーティリティープレイヤー。昨年の10月にPSVから移籍したばかりだが、バルセロナでは出場機会をあまり得られておらず、A・サンチェスの加入もあって放出説が浮上した形。だが、本人はバルセロナでポジション争いをしたい意向を明らかにしており、移籍には消極的な姿勢。複数ポジションこなせるし、同胞のラフィーの存在もあるので安価に獲得出来るなら面白いと思うが、スパーズに加入する可能性は低そうだ。

最後にラッサナ・ディアラ。まあ、彼の場合は今週噂に挙がったというよりかはハリー爺が監督やってる限り必ず獲得候補に浮上するお約束的存在(笑)。チェルシー、アーセナルで思うように結果が出せなかった彼をポーツマスに呼んで再生させたのが他でもないハリーなのでね。今はレアルにいるけど、あまり重用はされていないみたい。今夏のアメリカ・中国ツアーのメンバーからも漏れ、放出は既定路線。今度こそハリー爺との再会なるか?ということで、登場させてみた次第でございます。ただ、スパーズに必要タイプなのも確かで、パーカーがダメならラスってのは悪い選択肢では無いと思うよ。仮にパラシオス放出ならば彼が加わってくれれば頼もしい。

OUTの噂
・クラウチ獲得にニューカッスルが興味も£900万だと厳しいとのこと
・ニューカッスルはデフォーにも関心アリ。こちらは£1000万で。しかし、本人は否定
・引き続きハットンにはアストンヴィラがラブコールを贈ってる模様
・キーン獲得にQPR、ウエストハムが興味も、どちらも給料お高いのでローンで…と
・チェルシーによるモドリッチ追跡はややトーンダウン。パストーレへとターゲット変更か?
・ドスサントスへの関心が噂されたセビージャはまだオファーしてないよ!と言ってます

先週の段階で加入が有力視されていたヴチニッチはユベントス入りが濃厚に。ロッシもビジャレアル残留が確定的、ローンを打診していたアデバもスパーズ?俺が入りたいのはレアル一択よ!ってな具合で、スパーズのFW補強はまたもや白紙に戻った感が。まだ1ヶ月あるとはいえ、あまりの動きの鈍さにちと心配になってきたなぁ…。
FW獲得以上に重要な人員整理も遅々として進まずじまい。一方で、若手を積極的にローンで武者修行させる施策は順調に進んでる。ノートン、コールカーに続いて今週はクマロのレディング行き、メイソンのドンカスター行きが決定。タウンゼントのミルウォール行きもほぼ決まりそう。各々向こうで精一杯励んで戻ってきてくれ!

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。