トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


週間移籍ゴシップ Vol.7
Category: 補強関連  
今週1週間のトッテナムの補強についての噂を取り上げる『週間移籍ゴシップ』。
移籍市場が開いている期間は様々な憶測が飛び交い、予測不能のドラマがてんこ盛り。嘘?ホント?それは誰にもわからない。試合の無いオフシーズン、それらの報道に一喜一憂しながら楽しむのもまたフットボールファンの楽しみの一つということで、スパーズ関連の報道を中心にアレコレと突っ込み入れていきたい。

Vucinic.jpg  Adebayor.jpg  Gatagov.jpg

まずは2度目の登場、ヴチニッチ。以前から獲得への動きが報じられていたが、ここにきてローマがボヤンの獲得を決めたことで一気にその動きが加速した感がある。移籍金の額も£1300万前後でまとまるのでは?との見方で、待望のFWの即戦力補強が彼になる可能性が高まっている。次点の候補は彼に絞られたのかもしれないが、あくまでハリー爺の本命はアデバヨルのローン獲得。ヴチニッチへの動きは未だハッキリしていない。

お次はエマニュエル・アデバヨル。ご存知、元お隣りのストライカーで現在はマンCに所属も完全に構想から外れ、冬にはレアルへローンに出されていた。本人も移籍を熱望し、マンCも放出を進めているが、週給£17万という高額の給与がネックとなり買い手が見つかっていないのが現状だ。そこに目をつけたハリー爺が獲得を熱望、既にレヴィ会長と会談し、ローンでの獲得に動いている事を示唆している。マンCはあくまで完全移籍での放出を希望、スパーズは給与を半分負担するローンを希望…と未だ両者間で隔たりがあり、実現の可能性は低そうだが、FFPを見据えて経費削減したいマンCが折れる可能性も否定出来ず、引き続き交渉の行方に注目が集まる。

最後にアラン・ガタゴフ。ロシアのU-21代表でロコモティフ・モスクワに所属する20歳のMF。中盤ならどこでもこなし、SBでもプレー出来るマルチロールで、184cmという恵まれた体格とその将来性を見込んでスカウトがリストアップしたという噂。チェルシーも獲得に興味を抱いているとの報道もチラホラある。今のところ具体的に動いているような話では無さそうだが、評価額も£100万と格安で先行投資として狙い目ではある。

OUTの噂
・クラウチ獲得に向けてストークが£1000万を用意か?QPRも獲得に興味を持っているらしい
・チョルルカ、ハットンがアストンヴィラのターゲットに
・ドスサントスには依然としてセビージャ、ウディネーゼが熱視線
・バソングはリーグ・アン復帰を視野に入れている事を示唆。マルセイユ、PSG辺りが興味か
・キーン獲得にWBAも参戦する可能性も…
・モドリッチ獲得に向けてチェルシーは£3500万の最終オファーを準備もレドナップは放出を改めて否定

他にも沢山あるけど全部扱うとキリが無いし、記事が長くなるので3選手のピックアップに留めた。
とりあえず今週はアデバヨルとヴチニッチの報道が多め。待望の即戦力FW補強がなるかに注目したい。
若手のムポクのスタンダール・リエージュ移籍、ノートンのノリッチへのローン移籍がそれぞれ決まっている。

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。