トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs Orlando Pirates (PSM)
Category: PSM  
Vodacom Challenge
Mbombela Stadium

Orlando Pirates Orlando Pirates  1
tottenham.jpg Tottenham Hotspur   1
得点
Chiefs:Jele
Spurs:Van der Vaart  

STARTING XI - Friedel; Naughton, Kaboul, Khumalo, Rose; Bentley, Modric, Palacios, Bale; Van der Vaart, Defoe.
SUBS - Gomes, Corluka, Dawson, Walker, Jenas, Kranjcar, Lennon, Keane, Pavlyuchenko.

プレシーズン・マッチ2戦目のオーランド・パイレーツ戦。初戦に引き続き内容が芳しくない凡戦でございました。お粗末。平日の早朝に無理して起きて、その日一日の気力・体力を犠牲にしてまで観る価値あるものでは無かった…というのが正直な感想だけど(苦笑)まあ、それでも気になるのがファンの性と言う事で自分を納得させた次第です。前回同様、この時期なので結果云々は問いません。試合観てる感じだとほとんどの選手が余りにも動けていなくて、そもそもまだまともに試合出来るようなコンディションには整っていないな…と。ただ、今季は開幕早々手強い相手との鬼のような日程での連戦が待ってるので、そこにピークを合わせるとするならば、この時期はこんなもんでいいと思う。むしろ、今の時期に仕上がってる方が怖い。現状では30~40%といったところかな。

psm8.jpg psm6.jpg

渦中のモドリッチはキャプテンマークを巻いて出場。表情はやや冴えないし、プレーもどこか精彩を欠いてるように見えたけど、彼なりに気持ちと折り合いをつけながらしっかりやっていたと思う。こういう状況でも決して手を抜くような男では無いのでね。むしろ気になったのが若手の消極的なプレーぶり。ノートンにしろ、ウォーカーやローズにしろ、もっと必死にアピールしようという気概が欲しいな。レギュラーが確約されてるわけじゃない当落線上の選手にとっては例えPSMの1試合といっても無駄に出来ないアピールの場のはず。そんな彼らがちんたらと歩いて守備に戻ってるのはいただけないよ。ベテランのキーンの方がよっぽど走ってるのはどういうこっちゃ。

psm7.jpg psm5.jpg

以下、興味深かった点や少し気になった点などを幾つかピックアップ。
・得点はラフィーの直接FK。お見事。なんかスパーズが直接FK決めたの久しぶりな気がするわ
・失点は守備陣の軽さもあるけど、フリーデルのミスかな。ただ、黄緑のユニは似合ってたぞ(笑)
・ベイル一人だけ異様に元気ハツラツ。昨季終盤の怪我の影響は全く皆無で何より
・ハリー爺なりの叱咤激励だろうが、移籍希望公言してる選手にキャプテンマークってどうよ?(笑)
・後半からドーソン登場し、守備がやや安定。やっぱり彼が入ると安心感が違うな
・チャーリー&ニコのクロアチアコンビはまだちょっと太いかな。動きも重たそうだったぞ
・前半(それも序盤)のテンポとデフォーの活かし方は良かった。一方、後半45分間はドイヒー

と、こんな感じで。つまらん試合だったけど、会場の皆様は皆陽気で楽しそうでアフリカの懐の深さを実感。

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。