トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


混沌の監督人事
Category: NEWSについて  
nextman-1.jpg

イングランド代表監督ファビオ・カペッロの電撃的な辞任劇から早1ヶ月が経とうとしておりますが、カペッロの後任監督は未だ正式には決まっておりません。つい、この間行われたオランダ代表との親善試合は暫定監督としてU-21代表を率いるスチュワート・ピアースが務めて2-3の敗戦。EUROまでの間に正式な後任監督を決めるのか、それともこのままピアース体制でEUROに臨むのか不透明な状況は変わらず。ただ、FA(イングランド・サッカー協会)も代表人事についての発言には微妙なニュアンスの変化があり、「後任候補の選定はまだ」から「後任候補のリストアップは済んだが、正式オファーはシーズン終了後。EURO直前でも問題ない」に。やはり、誰に託すにしろ正式な発表となるのはシーズン終了後になりそうで、まだまだこれから一悶着あるかもしれませんね。

※参考記事リンク カペッロ退任と後任の行方 (2012.02.10)

相変わらず、後任候補の最右翼とされてるのが、我らがスパーズの監督を務めるハリー・レドナップ。しかし、レドナップ本人は「今はスパーズでの仕事に集中したい」と態度を保留。FAも空気を読んでか、とりあえずはまだ正式なアクションを起こしてきてはいない。ただ、スパーズ側はハリー残留、ハリーが代表行きの2プランで今後の動きを慎重に見極めているところでしょう。一部報道でレドナップに新たに3年の契約延長を打診して引き留めに動くと報じられたが、これも前述の2プランの一貫で、もしも代表に引き抜かれる事があった場合に備えて、FAからの違約金を引き上げる狙いがあるとの見方も。まあ、これはクラブとしては当然のアクションでしょう。

乱立する後任候補の噂
イングランド代表、スパーズ共に後任候補の噂は絶えず、日に日にその数が増してきた印象。現在フリーの監督、どこかのクラブを率いている監督含めて後任候補が乱立している状況なのだが、その混乱に拍車をかける事態がまた一つ。チェルシー監督アンドレ・ビラスボアスの解任。ただでさえ、混乱している状況なのに、そこにチェルシーの監督人事も複雑に絡み合い、ますます混沌としてきた。で、誰がどのクラブに?というのをザックリと整理して上の画像の図を作ってみた。これを見てもお分かり頂けるでしょうが、カオスな状況です(笑)

スパーズの後任候補としては最有力なのが現エバートンのモイーズ、その他にモウリーニョ、カペッロらの名前も挙がってるし、クリンスマン、ヒュートンらOB招聘するのでは?って話もある。で、それぞれの候補について語ってもいいんだけど、まだハリーが去ると完全に決まったわけじゃないしね(笑)。とりあえず現在はまだハリーが抜けるとも残るとも決まっていないということ、チェルシーとイングランド代表の監督人事がスパーズにも大きく影響を及ぼしそうだよ…ってのを抑えておくだけでいいかも。シーズンも佳境でそれどころじゃないしね。

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。