トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11/12シーズン中間査定 (6)
Category: 評価・査定  
前回に引き続き、ここまでの選手の働きぶりを中期の通信簿という形で評価する企画の第三回を。今回はFW編。
評価は5段階(Great,Good,Average,Poor,Bad)で、個人的に毎試合後につけてたレーティングを基に査定した。
なお、評価対象者はリーグ戦出場者のみとする。(カップ戦はサンプルが少なく、評価基準が曖昧なため)

FW

10  Adebayor 出場12試合3ゴール  Good.jpg
序盤戦の10試合で7ゴールと量産した彼だが、中期はややゴールから遠ざかった。どこか精彩を欠いた試合も幾つかあり、試合毎の波はあったかな~という印象。だが、得点こそ少なかったが相変わらず前線では献身的に動いてくれていた。彼の場合は何よりメンタルコントロールが鍵。気分よくプレー出来ていれば、結果はついてくる。

18  Defoe 出場7試合2ゴール  Average
アデバヨールの1トップが軸になっているので、どうしてもデフォーの出場機会は主に途中出場に限られてしまう。今季は調子が悪くないだけに、彼にとっては不運だが巡ってきた少ない機会でも結果は出している。サハの加入によって更に競争は激化するだろうが、ここぞの得点能力はチーム随一。大事な場面で重要なゴールを頼む!

Harry Redknapp Good
中期の成績は13試合で7勝2敗4分け。ハイペースで飛ばした序盤戦に比べると、過密日程の影響もあって、やや息切れしたか。それでもここまでリーグ戦で首位から7ポイント差での3位をキープ、FAカップも5回戦進出とタイトルの可能性を残している。無罪ではあったが、自身の脱税裁判で結果的にチームを一時期離れたので、若干評価は落とした。それでも、彼のチーム作りがここまでの躍進を導いたのは間違いないし、チーム内からネガティブな話題が出て来ないのは彼のチームマネジメントの手腕の高さ故。大事な大事な終盤戦、イングランド屈指のモチベーターの真価が問われる絶好の機会だ。イングランド代表監督就任の噂も一時封印、今はスパーズの仕事のみに集中するベテラン監督の元で、一致団結したチームがどこまで行けるか。楽しみでならない。

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。