トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


週間移籍ゴシップ Vol.3
Category: 補強関連  
今週1週間のトッテナムの補強についての噂を取り上げる『週間移籍ゴシップ』。
移籍市場が開いている期間は様々な憶測が飛び交い、予測不能のドラマがてんこ盛り。嘘?ホント?それは誰にもわからない。試合の無いオフシーズン、それらの報道に一喜一憂しながら楽しむのもまたフットボールファンの楽しみの一つということで、スパーズ関連の報道を中心にアレコレと突っ込み入れていきたい。

Osvaldo.jpg  cahill.jpg  Forlan.jpg

まずはパブロ・オズバルド。今夏のかなり早い段階から獲得候補リストの上位にいるのでは?と噂があった選手で、代理人はトッテナムが接触してきていること、£1700万のバイアウト(買取条項)が付いているものの£1400万で移籍は可能であることを示唆。セリエA数クラブも興味を示しており、本人もセリエA移籍希望。スパーズ移籍の可能性は低そう。観たことない選手なのであまり興味は湧かねーな(笑)

お次はギャリー・ケーヒル。一時は4位を見据えるほどの好調を見せたボルトンの堅守を支えた大型センターバックで、上位クラブの幾つかが獲得に興味を示してるようだ。ボルトンも経営難から放出を視野に入れてるようだが、いかんせん評価額が£1700万と高い為、どこも二の足を踏んでいる状態。今夏に契約切れのウッディとの入れ替えが噂されるが、この価格ならスパーズは撤退だろうな。移籍金レコードをDFで更新するとは思えん。

最後にディエゴ・フォルラン。昨夏、今冬と二度のトライも実らなかったウルグアイ代表FW獲得の噂が今夏も浮上。必死に抵抗していたアトレチコも態度が軟化。今季不調に陥り、評価額も昨夏の約3分の1程度の£700万とお手頃価格に。本人もプレミアリーグ復帰に意欲を見せており、アトレチコ会長も「移籍するならイングランドのクラブだろう」と示唆。アトレチコの財政難で放出必至、ハリー爺も獲得を熱望の相思相愛とくれば可能性もグッと高まったと言えるだろう。ネックとなるのは£10万以上とも言われる高額の週給。32歳で転売が利かない選手に会長がGOサイン出すかも微妙だが、給与のダウン提示を本人が呑めればスパーズ加入も現実味を帯びてくる。

OUTの噂
・ジーナスにはフェネルバフチェが£500万でどうだ?との話がある模様。
・パラシオスは£1200万でのナポリ移籍が秒読みになっているようだ
・ニコにはディナモ・キエフ、セルティックらが獲得を狙っているとの報道アリ

他にも沢山あるけど全部扱うとキリが無いので、記事が長くなるので3選手のピックアップに留めた。
来週はどんな動きがあるだろうか。『週間移籍ゴシップ』はまた1週間後に。

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。