トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Transfer Deadline Day
Category: 補強関連  
例年に比べて全体的に動きが乏しく、静かに推移した今冬の移籍市場もいよいよ今日が最終日。移籍期間でも一番多くの憶測や移籍情報が乱れ飛び、悲喜こもごものドラマが起こる狂乱の一日、『Transfer Deadline Day』

Damiao.jpg  Hoilett.jpg  Adebayor.jpg

最終日の注目ポイント

1. ストライカーの補強はあるのか?
現在のスパーズのFW陣の顔ぶれを見ると、マンCからローン加入中のアデバヨール、デフォー、パブリュチェンコの3名のみとやや手薄な感が否めない。基本的に1トップ(3トップ)を採用する事が多い今季のファーストチョイスはアデバヨール。サブにデフォーとパブが控える陣容は一見問題ないように映るが、仮に何らかのアクシデントによってアデバが欠場した場合、決して1トップとして最前線に張るのが得意では無いデフォーとパブのみとなってしまう。2トップに移行したとしてもサブがいないという緊急事態に陥る危険性を秘めている。
出来ればFWを1枚(1トップに適正があることが望ましい)加えて、層に厚みを持たせたいというのが本音だ。

だが、今冬は非常に動きづらい状況であるのも確かだ。アデバヨールはローン加入のため、完全移籍の交渉がまとまらなければ来夏にはマンCに戻ることになる。報道によれば完全移籍に向けての交渉が始まっているようだが、彼の週給£22万5000は到底スパーズでは払えない。だが、およそ3分の1程度にまで落ち込む大幅減給を彼自身が受け入れれば完全移籍での加入も現実味を帯びてくる。彼自身がスパーズでのプレーを楽しんでいることから、その可能性も決して低くない。となると、今冬FWの補強に大金を投じるだろうか?現実的には様子見でスルーが妥当ではないだろうか。大きな動きがあるとすれば「アデバの獲得交渉の行方を睨みながらの来夏」の公算が高い。
ただ、放出候補の一人であるパブとの入れ替えの可能性はありそう。FW補強の目処が立てば、あるいは…。

獲得候補 本命:L・ダミアン A・キャロル、ロダジェガ、S・モリソン、ニウマール、マンジュキッチ、バ

2. ベイル&レノンの代役となり得るウインガー
中盤の陣容は充実しているため、今冬の刷新は無いだろう。だが、あるとすればレノンもしくはベイルが欠場を強いられた場合に代役となり得る「スピードがあり主にサイドからドリブルで仕掛けられるタイプ」の獲得だ。現状、彼ら二人のいずれかが不在の場合はモドリッチ、ラフィーらをサイド起用しているが共に中央でのプレーを好む為、サイド攻撃が途端に減る傾向にある。また、ベンチに控えるニコ、ピーナールもイマイチ信頼を得られていないように感じる(ハリー爺は放出を否定しているが…)し、彼らもまた独力で仕掛けられるタイプでは無い。

唯一仕掛けられるタイプのドスサントスの放出は既定路線。考え方次第ではあるが、彼と入れ替えでウインガータイプを補強しても不思議では無い。特に今季は変則ながら3トップ的な布陣を採用する事が多いので、サイドから仕掛けられる(FWと兼任であればなお良し)タイプは試合途中から流れを変える駒としても重宝するはずだ。

獲得候補 本命:ホイレット レミー、マリン

放出候補
チョルルカ(レバークーゼンとローン移籍で合意間近?)、ドスサントス(ビジャレアル)
パブリュチェンコ(アンジ?、ロコモティフ・モスクワ?)
バソング(QPR?リヨン?)、ゴメス(QPR?)、ピーナール(QPR?)

いずれにしろ、ここまではほとんど動く気配が無い。いつもは移籍最終日はワクワクするんだけど、例年に比べてちょっと期待できない雰囲気が漂っております。ただ、何が起こるかわからないのもまた最終日。ここ数年でも、ほぼ具体的な話が無かったラフィーの電撃移籍やC・アダムへのオファー(失敗)などサプライズが起きてる。

世間では本田のラツィオ移籍の成否で話題は持ちきりではございますが、スパーズにどんな動きがあるのか?はたまた予想通りに無いのか?(笑)市場閉幕は日本時間で明日の朝8:00。思わぬサプライズを期待して待とう!

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。