トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


週間移籍ゴシップ Vol.11(冬の移籍市場予習編)
Category: 補強関連  
個人的には年から年中、補強について語るのはあまり好きじゃない(シーズン中くらい新しい選手の話じゃなくて、現有戦力を応援しようぜ!)ので、補強の話題は市場開幕1ヶ月前くらいからでいいんじゃないか?と思ってる。で、12月に入った事だし、冬の移籍市場が開幕するまであと1ヶ月を切ったので、そろそろ補強に関する話題を解禁しようかな~と。補強に関する報道も目立ってきたし。ってことで、夏にも週一ペースでお届けしていた「週間移籍ゴシップ」を。基本的には週に一回、その週のスパーズ関連の補強の噂を幾つかピックアップする。

スパーズの補強の噂に入る前に、今回は今冬の移籍市場を見る上で、抑えておきたいポイントをおさらい。

1.来夏には移籍金フリー(今冬に市場に出される?)プレミアリーグ所属選手

現在の契約が残り半年で来夏には移籍金がフリーになる選手というのは注目です。なぜか?どこのクラブだって出来るならば選手をフリーで手放すのは避けたいというのが本音。なので、必要な選手には必死で契約延長交渉を纏めようと急ぐわけだが、それが不調に終わった(或いはその可能性が高い)選手に関して、それらの選手から移籍金を得られる機会は今冬がラストチャンスであるため。来夏フリーの選手は、その選手の通常の市場価値よりも遥かに安い移籍金で手に入る絶好のチャンス。特に倹約志向のクラブはこれを利用しない手はありません。

そりゃ、そうだよね。売り手のクラブとしては下手に粘って売り逃したら、来夏に移籍金を得られないリスクを負う。買い手とすればそういう事情が解ってるので、当然足元を見て出来るだけ安く買い叩こうと動く。
このギリギリのせめぎ合いが非常に面白いし、これが多く発生するのが冬の移籍市場の一つの特徴でもある。

bosman-free.jpg

上の図が来夏にフリーとなる予定の主な選手。まあ、他にもいてギグスやウッドゲイト、スパーズの選手で言えばキングとクディチーニが該当するんだけれども、とりあえずスパーズの補強と関係無さそうなので今回は割愛。
で、ザッと見渡してもなかなか実力者揃いなんだよね。特にチェルシー組の4人は豪華な面子ですわ(笑)
自分はスパーズ以外の情報を細かく追っていないので、これらの選手の延長交渉がどの程度進んでいるのかまでは全て把握していないので、あくまで目安と捉えて下さい。これだけの選手が市場に出るかもよ?ってことで。
これらの選手をフリー覚悟で留めるのか、売りに出すのか、出されたらどこが手を挙げるのかは要チェックや。

2.冬の補強は即戦力重視(プレミア経験者)が望ましい

これは完全に持論なんだけど、冬の補強と夏の補強を同じように考えるのは少々危険だと思っている。夏の補強は基本的にはシーズン開幕前でプレシーズンの間に連携を深める事が出来るし、開幕直後であれば、その選手がフィットするまで待つ時間の余裕がある。使いながらじきにフィットしていけばいいや…と、待てる。
だが、シーズン真っ只中でこれから大事な中盤戦~という、冬の補強ではそうはいかない。獲得しました、でもなかなかフィットしません、そのうち…じゃ困るわけで、実験の為に勝ち点をロストする余裕が無いわけです。

もちろん、将来を見据えての若手有望株というなら話は別だが、冬の補強を施す一番の理由は「不振にあえぐクラブの立て直し、起爆剤」としてのもの。裏を返せば、現在好調でスカッドが満たされているチームというのは下手にいじる必要が無いんです。極論を言えば、冬の補強が必要なのは、現在思いの外成績を伸ばせず苦しんでいるクラブか、怪我人が続出して満足にメンバーが組めない状況にあるクラブだけなんじゃないかな…と思う。

それも出来るだけリスクを回避した形で。となると、プレミアリーグ経験者(在籍者)が望ましいのではないか。
プレミアの速い流れは異質なので、他のリーグで活躍していても、即フィットするのはなかなかに難しいもの。
中にはすぐにフィットする選手もいるけど、早くて2~3ヶ月、悪けりゃ半年かかってようやくってのが普通で、半年もかかってたらシーズン終わっちゃうからね。他のリーグの選手をシーズン途中のこの難しい時期に合流させて、即時の結果を求めるのはとてもギャンブル度が高い、ってのが僕の考えです。

3.アフリカネーションズカップがあるよ

最後にこれも少しは考慮する必要があるかな~と思うのが、アフリカネーションズカップ(ANC)の存在。隔年で行われるこの大会、今季が開催の年にあたる。そもそも、このANCで主力が離脱する穴を埋めようと考えるクラブが、冬の移籍市場でANC出場国の代表選手を獲得しても、意味が無い。また、主力を奪われないクラブであってもANCで1ヶ月程起用出来ないとなれば、補強の旨みが少ない。しかも、合流出来ないのなら、それだけチームと連携を深める時期も遅くなる…と考えると、あまり良い面が見当たらない。それでも、獲得の条件が合えば補強に踏み切る事も考えられるが、タイミングとしては好ましくないんじゃないかな~とは思うよね。今年は。

とりあえず、3つのポイントを挙げてみた。これが全てでは無いんだけど、こういうポイントを踏まえながら補強関連の情報を追っていくのも面白いんじゃないかなと思う。特に1の契約残り期間ってのは重要な要素。
今回は冬の移籍市場予習編、来週からは週末(土曜か日曜)に週間移籍ゴシップとして補強の噂をお届けする。

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。