トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11/12シーズン中間査定 (1)
Category: 評価・査定  
前節を終えてリーグ戦ではシーズン38試合のほぼ3分の1にあたる、12試合を消化したことになる。ここまでの選手の働きぶりを、前期の通信簿という形で評価したい。ポジション別に何回かに分けてお届けする。
評価は5段階(Great,Good,Average,Poor,Bad)で、個人的に毎試合後につけてたレーティングを基に査定した。
なお、評価対象者はリーグ戦出場者のみとする。(カップ戦はサンプルが少なく、評価基準が曖昧なため)

GK

24  Friedel 出場12試合(リーグ戦12試合) Great.jpg
今夏に新加入したばかりだが、いきなりゴメスから守護神の座を奪って見せた。ここまでのリーグ戦フル出場、当然の事ながらプレミアリーグの連続出場記録も更新中だ。開幕2戦こそ8失点したが彼には責任は無く、その後の試合では鋭い反応でビッグセーブを連発、チームを救った。不満な点はフィードの精度がやや悪い事だけかな。

サブはクディチーニが努め、ゴメスは3番手に降格した。現段階ではフリーデルが絶好調で変える必要性は無く、ゴメスにとっては苦しい状況だろう。今冬の移籍もあり得る。クディチーニはカップ戦のみの出場ながら働きぶりは安定しており、彼がサブに控えている現状はとても心強い。GKの選手層だけならプレミアNO.1だろうな(笑)

DF

4  Kaboul 出場16試合1ゴール(リーグ戦12試合1ゴール) Great.jpg
ここまでチーム最多の16試合出場、リーグ戦もフル出場。これだけでもまず評価したい。今季は特にCB陣に怪我人続出して苦しい状況だが、その穴が最低限で留まっているのも彼の存在が大きい。試合毎のパフォーマンスの波も改善されてきており、成長も感じさせる。課題もまだまだ多いが、ここまでの出来は十分に満足出来るものだ。

19  Bassong 出場9試合0ゴール(リーグ戦3試合0ゴール) Poor.jpg
可もなく不可もなくといったところ。リーグ戦では出番が乏しいが、カップ戦では主将を任せられて、それなりにやってくれてはいるんだけど、やっぱり彼にはリーグ戦でレギュラー陣を脅かす存在であって欲しいとの期待を込めて、評価は少々辛口にした。冬の移籍市場での補強動向次第だけど、ひょっとしたら放出もあるかもね。

20  Dawson 出場4試合0ゴール(リーグ戦2試合0ゴール) Bad.jpg
今季序盤戦で最大の誤算が、守備の要と期待されたドーソンの長期離脱。アキレス腱の負傷が発覚し、手術を行い未だ復帰までは遠い。他の選手がなんとか埋めてくれてはいるし、欠場は怪我が原因だからしょうがないとも言えるけど、評価はやっぱり低くなっちゃうかな。とりあえず、まずは怪我の完治を!復帰を心待ちにしてるよ。

22  Corluka 出場7試合0ゴール(リーグ戦2試合0ゴール) Bad.jpg
チョルルカも怪我で度々離脱するなど、苦しんでるね。プレーも精彩欠いてる印象で、今季はほとんど彼の良いところを見られていないのが残念。同ポジションでウォーカーの台頭もあり、出場機会も激減。彼にとっては踏ん張りどころかな~と。守備面やレノンとの連携ではウォーカーに勝るので、手放すには惜しい選手ではあるよな。

26  King 出場9試合0ゴール(リーグ戦9試合0ゴール) Good.jpg
ドーソンの離脱が誤算なら、一方でキングが出場機会を増やしてるのは朗報(本当はこの2人が揃って欲しいんだけど…)と言える。ここまでリーグ戦9試合出場、彼が出場した試合では8勝1分けで未だ負け無しの戦績からも分かる通り、その存在感はやはり絶大。彼と組む事でカブールの成長も促されてる面は見逃せない。

28  Walker 出場15試合1ゴール(リーグ戦11試合1ゴール) Good.jpg
今季はチャーリーとの激しいレギュラー争いになるだろうな~とは思ってたけど、ここまでは開幕前の想像以上によくやっていると思う。正直に言えば守備はまだ危なっかしい。簡単に裏を取られ、追いかけてギリギリで防ぐ場面も目立つ。だが、攻撃参加は迫力がありNLDのゴールも見事。課題の守備とレノンとの連携向上を!

32  Assou-Ekotto 出場15試合0ゴール(リーグ戦12試合0ゴール) Good.jpg
安定してるね、エコトは。すこぶる安定している。もう、不安定で守備の穴とまで言われてた時代が遠い昔のようだよ(笑)リーグ戦もフル出場。アデバやパーカーの活躍にスポットが当たる事が多いけど、彼の働きがどれだけ支えてるか。地味に抜けられると一番ヤバイかもよ?今季は攻撃参加も増やし、新境地も開拓しつつあるしね。

昨季は主力だったギャラスがここまで1試合出場、リーグ戦は0。彼もまたドーソンと同様に怪我に悩まされた序盤戦だった。復帰は果たしたもののキングとカブールのコンビがそれなりに機能していて結果も出てるので当分はサブかな。カップ戦ではローズ、タウンゼントら若手が起用されてるが前者はイマイチ、後者は持ち味を少し出せてるかな。ただレギュラーを脅かせるか?と言われればNO。一層、頑張って欲しいね。

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。