トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【第12節】 vs Aston Villa
Category: プレミアリーグ  
epl-12.jpg

England Premier League 2011/12
White hart lane

tottenham.jpg Tottenham Hotspur   2
Astonvilla Aston Villa  0
得点
Spurs:アデバヨール2
Villans:


Unused subs: Cudicini, Bassong, Gallas, Pienaar, Dos Santos.

リーグ戦3連勝中と好調のトッテナム。先週末に無敗のニューカッスルがマンCに敗れ、チェルシーもホームでリバプールに敗戦。今節の結果次第では3位のチャンスも見えてきた中で迎えたアストンヴィラ戦。心臓手術で療養していた指揮官レドナップも元気に復帰した一戦は、スパーズが好調の勢いそのままに圧倒、一方的な展開に…。

盤石な試合運びで圧倒
相手はアストンヴィラ。ここ数年の戦績を見れば相性は良いが、本来なら決して優しい相手では無いはずだ。彼らは常に上位を伺う地位につけ、タレントも揃っている。しかし、スパーズがホームとはいえ、ヴィラにはチャンスらしいチャンスはほとんど作らせず、ボールポゼッションでも圧倒、パスは面白いように繋がり、前線~中盤の流動的なアタックがこの日も冴え渡った。完全なる一方的な展開。付け入る隙も与えないほどの完勝だった。

試合開始早々こそアストンヴィラ攻撃陣に脅かされたものの、落ち着きを取り戻した5分以降はスパーズの独壇場。しっかりとパスを繋いで相手の穴をじっくりと探しながらも、中央からの強引な突破にこだわりすぎず、サイド攻撃も織り交ぜ、その崩しのパターンは多彩だった。右からはレノンの鋭い突破とウォーカーのダイナミックな攻撃参加、左からはベイルが緩急を使ったドリブル&ピンポイントクロスで脅かし、この日は何故か編み込みでは無く、ボンバー仕様で登場のエコトもしっかりサポート。いや~、ボンバーエコトを久しぶりに見たわ(笑)

ラフィーは広範囲を動いてパスを散らし、CMFのパーカーとモドリッチは絶妙なバランスを保って、ゲームをコントロールした。アデバヨールも中央で張るだけでは無く、サイドに流れてボールを受け、攻撃にリズムを作る。
なんかこう、どこからでも崩せるんじゃないか?と思うぐらい多彩だったな。バランスも驚くほど良かったし。

12-3.jpg 12-2.jpg

ほとんどの選手が常にポジションを変え流動的に動くのだから相手とすれば厄介だろう。現に、ヴィラはプレスもかけられず、的を絞る事を出来ないでいた。引き気味に守って一発カウンター狙いだったのだろうが、それすらもパーカーの献身的でツボを心得た守備と、両CBを中心としたバックラインが集中して対応。ベント、アグボンラホール、ヘスキーら攻撃陣をほぼ完璧に封じ込めた。昨季までスパーズに所属していたハットンを右SHで起用する奇策も、対面するのがベイルとあっては自慢の攻撃参加も影を潜めるのは必定、守備に追われるので精一杯。
この日のスパーズは何もかもが上手く行った。そんな印象だ。ハリー爺も楽に見ていられたに違いない。

お久しぶりのアデバヨール
2得点はどちらもアデバヨール、実に2ヶ月ぶりのゴールだ。毎試合、的確なポストワークや前線からのチェイスもサボらない献身的なプレーで貢献してくれていた彼だが、5節のリバプール戦以降、ゴールからは遠ざかっていた。やはり彼はストライカー。喉から手が出るほどゴールが欲しかっただろう。その鬱憤を晴らすかのような2ゴール、素晴らしかった。特に1点目。浮いたボールをその体躯を生かしたアクロバチックなバイシクルシュートで決めて見せた。翻って2点目はごっつぁん。押しこむだけだった。だが、しっかりと詰めているからこそ、チャンスをモノに出来る。ここまでの試合での彼の頑張りに報いて、フットボールの神様がくれたささやかなご褒美。

2ゴールがアデバなら、その2ゴールをアシストしたのはベイルだ。彼もまた鋭い突破力は健在、2点目のゴールに繋がった相手を抜き切らないで放り込むクロスは彼の真骨頂。DFとGKが対応に苦慮する絶妙なスピード、コース、タイミングだった。もう、クロスの時点でゴールは約束されたかのようなアシスト。最近は中央にポジションを変えたり、逆サイドに回って仕掛けたりとプレーの幅を広げつつある彼だが、得意の左足で結果を出した。

12-1.jpg 12-4.jpg

管理人採点&ザックリ総評(評価は5段階、最高5,最低1)
フリーデル4、エコト4、キング4、カブール5、ウォーカー4、モドリッチ5、パーカー5、レノン4、ベイル5、ラフィー4、アデバヨール5、デフォー3、サンドロ-

みんな良かったんだけど、その中でも一番良かったな~と個人的に高く評価したいのがカブール。本当に素晴らしいパフォーマンスだった。守備機会こそ多くなかったが、高い打点のヘッダーで次々と跳ね返し、ベントにもしっかりと体を預け自由にさせなかった。セットプレーから惜しいシュートも放ったしね。次も頼むぜ!
パーカーは良い意味で「通常運転」。まあ、彼の場合その通常が尋常じゃないほどのクオリティーなんだけど。
モドリッチも良かったね。前半はバランサーに徹してたけど、後半はボールタッチも増え、その頻度と比例して、チームにリズムが生まれていった。パスミスも殆ど無く、縦横無尽に駆け回り、コントロールしていた。

久しぶりのリーグ戦。代表戦を挟んだとはいえ、しっかりと休養を取れたのが幸いしたのだろう。チーム全体のコンディションは明らかに良く見えたし、ほとんどの選手に体のキレを感じた。また、良かったのはフィジカルだけではない。ここまでの試合で好調をキープしていることが、選手たちに自信を植え付け、メンタル的にも良い状態で試合に臨めているんだと思う。皆が、楽しそうに活き活きとした表情でプレーしてるのが印象的だった。

欲を言えば追加点が欲しかったけど、それはちと贅沢かな。この日に関しては全くケチをつける要素が無いな。
今季はリードしても後半にバタバタする悪癖があったけど、後半も自分たちでコントロールして試合を進めた。
つまらないかもしれないけど、これこそが見たかったもの。エンターテインメント満載の試合もたまにならいいけど、毎度毎度やっちまう状態からはそろそろ卒業しないとね。そういう意味ではむしろ、ややつまらないと感じるかもしれない後半45分間にこそ価値があった。そんな試合だったと思う。こういう戦いを今後も続けてくれ。
これでリーグ戦4連勝。暫定ながら3位!まだ順位を気にする時期では無い。でも…気持ちいい~~!(笑)

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。