トッテナムを温かく・時に厳しく見守るブログ

管理人
来訪サンクス
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011/12 シーズン展望(後)
Category: 企画  
前回に引き続き、2011/12シーズンのプレミアリーグ展望をお届け。今回はCL出場権を巡る熾烈な4位争い、個人的な注目チーム、降格争いについて。今回もちょいと長い記事ですが、どうかお付き合いを。

大混戦の4位争い
優勝争いに加われるかは非常に微妙だけど、思わぬ団子状態になればチーム状態次第でサプライズはある。そんなレベルにあるのが次の3チームだ。実力は拮抗しており、どこにも等しく4位以内の可能性があるだろう。

tottenham TOTTENHAM HOTSPUR 昨季:5位 今季予想:4位
これはもう予想というよりかは願望かもしれないが(笑)昨季逃した4位以内に再び挑戦する今季のスパーズ、可能性は十二分にあると思ってる。昨季はCLとの二足の草鞋に苦しみ、取りこぼしが目立ったがリーグ戦一本に集中出来れば上位に喰らいついていける戦力は整っているはずだ。裏を返せば、ELに気を取られれば大コケもある。
理想的なのは予想した通りの混戦状態になること。序盤戦を上手く乗り切り、何とかついていきたいところだ。
状況を大きく左右しそうなのがFW補強の成否とモドリッチの去就か。その問題をクリア出来れば期待は大きく膨らむ。特定の主力にやや依存してるのが気がかりだが、一昨季のように日替わりヒーローが生まれ、結束力が光る流れになれば面白い。悲観的になってもしょうがないし、今季も全力で応援していこうと思ってます。

IN:フリーデル、セバージョス、クリバリ
OUT:オハラ、ウッドゲイト、キーン(以下ローン)ノートン、クマロ、コールカー、メイソン 他

Liverpool LIVERPOOL 昨季:6位 今季予想:5位
ここ2シーズン苦しんでるが、昨季終盤は復調気配を見せ、今季は完全復活へ!と期待も大きいリバプール。
積極的に補強を進め各ポジションに実力者を加え陣容は更なる厚みが増した。面子を見渡すとこれは手強いな~と思わず唸ってしまう。ただ、充実してる前線に比べ、人員過多のCMF、手薄なバックラインとアンバランスな感じもする。F・トーレスが抜けた穴はスアレスが見事に埋めたが、今までのトーレス依存からスアレス依存に変わっただけなのも否めず。新戦力が額面通りに働いて一枚岩になれるか否かが鍵になってくるんじゃないかな。
予想は5位。優勝争いに絡める戦力はあると思うが、チームが成熟するのに時間がかかるのではないか。

IN:ヘンダーソン、C・アダム、ダウニング、J・エンリケ、ドニ
OUT:コンチェスキー、ヨバノビッチ、ダービー(ローン) 他

Arsenal ARSENAL 昨季:4位 今季予想:6位
毎年のように「落ちろ、落ちろ」と念じてるんだけど(笑)なかなかにしぶといお隣。ただ、今季こそ絶好の機会到来の予感がプンプン。遂に主将のセスクが去り、ナスリの放出も近いと聞く。過去にも主力を手放しても、そのたび若手の底上げで補ってきたチームだけど、流石に今回は厳しいんじゃないかな。華麗なパスサッカーとやらも影を潜めてきてるし、ここぞの勝負弱さには一層に拍車がかかってる。相変わらず怪我人も続出するし、不安定な守備陣にテコ入れはしない。補強も若手偏重。いい意味でも悪い意味でも頑固なベンゲルらしいけどさ。でも、ファンもそろそろストレス溜まってきてるんじゃないかね?一昔前に幅を利かせていた日本国内の不気味なほどのベンゲル信仰にも陰りが見えてきてるのは気のせいではないはず。希望も込めて中位へ転落を予想。ただ、何だかんだ言っても落ちないのがお隣でもあるんだよね。悔しいけど、まだ底力はスパーズよりやや上だと思うわ。

IN:ジェルビーニョ、チェンバレン、ジェンキンソン
OUT:ファブレガス、エブエ、クリシー、トーマス、(以下ローン)ベラ、デニウソン 他

個人的に大注目のクラブ

Fulham FULHAM 昨季:8位 今季予想:8位
今季はフルアムにも注目してる。理由は元スパーズ監督であり、自分も愛してやまないマルティン・ヨルの存在。僕は未だにヨル信者でして(笑)またスパーズを率いて欲しいな~と思ってるぐらいなんだけど、彼がチームは違えどプレミアリーグに戻ってきたことにこのうえない喜びを感じているし、どんなチームを作るのか興味深い。
クレイブン・コテージは古き良き時代を思わせる素敵なスタジアムだし、フルアムもここでは一筋縄にいかない底力を発揮する。前線にはザモラ、中盤にはダフ、デンプシー、DFにはハンゲラン…と多士済々で意外と好きな選手多いんだよね。それぞれのキャラもハッキリしていて、好感持てるチーム。元々、守備は手堅いから、ここにヨルが攻撃のアイディアを加えられれば、今季も上位陣にとってはかなり厄介な相手になると思うんだ。

降格するのはどこだ?
プレミアリーグは上位と下位との差があまりなくて、どの試合も気の抜けないタフなリーグだと思っている。
特に昨季はその傾向が強まり、上位陣も下位相手から簡単に3ポイント奪えなくなっていた。かなり混戦だった昨季の降格争いだが、今季もどこが降格するのかは最終盤まで分からない展開になるかもしれない。
予想は難しいんだけど、ノリッジ、スウォンジー、QPRと予想。今季昇格組3クラブがそのまま揃って降格。
次に危ないのがウィガン、ブラックバーン、ウルブス。この6クラブにはどこにも降格の危険性があると思う。
いずれにしろホームでどれだけ勝ち点積めるかが鍵。あとは、現実的に勝ち点1狙う戦い方が出来るかどうか。
自分たちのスタイルに固執すると苦しくなる。昨季、魅力的なフットボールで降格したブラックプールのように。

読んでいただいてありがとうございます。ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。